12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■☆やっと落ち着きました。たぶん・・・☆
予定通り2日にお通夜・3日に葬儀が終わりました。
おばぁちゃんは両親を小さいときに亡くしているし、一人っ子。
子供はママのオカンしかいないしで
すごく少人数でした。

まだ小さくて訳もわからないキラと弟が
30分おきくらいに
お燗の窓を開けては「おばぁちゃんまだねんねしてるねぇ~!」
なんて言っている姿がホント言葉にならなかったです。

もう泣かない!って決めていたのですが
最後のお別れの時は耐えれませんでした。
本当に寝ているようなのに・・・これは現実なの?

ママはおばぁちゃんにたくさんの事を教えてもらった気がします。
おばぁちゃんはママのオカンが小学生の時に
離婚し、オカンを手離さなければならなくて
それからずーっと一人でバリバリ働いて
オカンとオトンが結婚してから近くに住むようになり
ママにとて一番近くのおばぁちゃんでした。
ママが16歳のとき家出した時も助けてくれたし
キラがお腹にできたときも栄養つけなきゃ!って美味しい物食べさせてくれたし
産まれるときも「ひ孫が抱けるなんて夢みたい」ってすごく喜んでくれました。
自分の為には贅沢せず
オカンや孫が困らないようにしっかり貯金をして
お墓まで用意していたおばぁちゃん。

おばぁちゃんは苦労していたはずなのに
人を恨むような事は絶対言わなかった。
そしていつも「血のつながった家族は大切にしなさい」って教えてくれました。
反抗期だったママは「あっそー」っていつも聞き流していたけど
キラが産まれて本当にそうだなぁって思ったし
おばぁちゃんの言葉がなかったら
オトンとオカンと今みたいに何でも話せてないだろうなって思います。
ホントおばぁちゃんを尊敬しています。

1・2日と火葬場がお休みだったので
人が多くてビックリしたし
スムーズにお骨を拾う為にテキパキ誘導され
「コレが現実なんだ・・・」って涙も出ず呆然としてしまいました。

TVドラマやマンガ本みたいな
悲しい別れ場面しかしらなかったママは
密室で亡くなっていた為警察におばぁちゃんを迎えに行った時
体を綺麗にしてもらっている時
お燗に入っている時
葬儀の見積もりをしている時
最後のお別れをする時
火葬場での手早い誘導
納骨の時
実家におばぁちゃんを連れて帰ってきた時

ホントすべてが「コレが現実なの?」ってしか思えませんでした。

なんかもうビックリする現実はないんじゃないのかなって思います。

ちゃんと何事も受けとめて
オカンに教えてもらったように
キラに少しずつ教えていかなければいけないなって思いました。

親って悲しんだり、苦しんだりする暇はない。
キラの為に今出来ることを一生懸命しなきゃって思いました。

そう気づかせてくれて本当にありがとう。
頑張るから見守っていてね。
おばぁちゃん。


by   ママ
スポンサーサイト
☆ママの気持ち☆トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |
プロフィール

☆ヒロキラママ☆

Author:☆ヒロキラママ☆
☆ヒロ(パパ)35歳 趣味*釣り
☆キラ(長女)5歳 おけいこ*ダンス・英語
☆ハル(♂ヨークシャテリア)
☆ママ23歳 趣味*料理

☆広島県在住

4人いつも仲良し家族です♪
パパ&ママで
このブログを作成してます!!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア

広島ブログ

FC2ブログランキング
遊びに来たらポチっと押してね☆
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。